• TOP
  • Event
  • [NAMM2018] Apogee初のDSPプラグインDualPath FX Rackをプレビュー
scroll

[NAMM2018] Apogee初のDSPプラグインDualPath FX Rackをプレビュー

2018.01.27

20180127_apogee_apogee-dual-path-header-800

NAMM 2018のApogeeブースにて、同社として初となるオールインワンDSPプラグイン、DualPath FX Rackが公開されました。 Ensemble Thunderbolt と Elementシリーズ専用に設計されたDualPath FX Rackは、ダイナミクスおよびEQプラグインとして、DAW上のネイティブ・プラグインとして、Apogeeインターフェイス上でハードウェア・ベースのDSPエフェクトとして動作します。二つのタイプのプラグインをDAW上で起動、ハードウェア入力とリンクさせるパラレル・オペレーションが可能なため、複雑になりがちな低レイテンシー・プロセッシングのワークフローを、よりシンプルに扱うことが可能になります。

 

 

サウンドの処理を引き継ぐために、異なるアプリケーションを行き来したり、プラグイン設定をコピーする必要もありません。DualPath FX Rackは、Logicを始めPro Tools、Ableton Live、Cubaseといった主要ホストアプリケーション/プラグインフォーマットに対応します。

 

また、Ensemble や Elementシリーズがない環境でも、DualPath FX Rackはネイティブ・プラグインとして、ハードウェアのオーディオ・インターフェースなしに動作することが可能です。このため、場所や人、ワークステーションを超えてセッションをシームレスに移動、扱うことが出来るでしょう。

 

DualPath FX Rackは2018年春登場予定、Ensemble Thunderboltおよび Elementシリーズのソフトウェア・アップデートとして、またはEnsemble、Element購入時にユーザーの方に無償で提供されます。

 

特徴

レコーディング時も使用可能な、ニアゼロ・レイテンシーで動作するプラグイン

  • 7バンド・モダンEQ: ハードウェア・エミュレーションよりも優れた多用性を提供
  • PultecスタイルEQ: 外見をのぞきPultec EQを踏襲したサウンドおよびコントロール
  • モダン・ダイナミック・プロセッサー
    ディエッサー

 

レコーディング時のプラグイン使用をよりシンプルにするワークフロー

  • DualPath FX をDAWにインサートしてハードウェア入力をリンクする
  • DualPath FX プラグインの操作をDAW上で完結、アプリケーションの切り替えは不要
  • すべての DualPath FXはDAWセッションとともに保存・リコール
  • DualPath FXプラグインはApogeeインターフェイスを接続しない状態でも使用、再生が可能

 

  • DAW上のDualPath FX Rackから、Ensemble Thunderboltおよび Elementシリーズのプリアンプ設定調整、オートメーション、内蔵ミキサーの調整が可能
  • Apogeeおよびプロフェッショナル・エンジニアによる特別に作成されたプリセットが付属
  • DualPath FX RackはEnsemble Thunderboltおよび Elementの無償アップデートとしてユーザーに提供 (DSPはインターフェイス内蔵のものを利用)
  • Macで動作するLogic Xほか主要DAW、プラグイン・フォーマットに対応

*上記仕様は2018年1月現在のものとなり、変更される可能性があります。

20180127_apogee_imgp2834

[NAMM2018REPORT]

TOPへ